まずは誹謗中傷対策について簡単に概略を解説します

SNSや掲示板に投稿すると些細なきっかけで誹謗中傷対策が必要になることがあります。そもそも誹謗中傷される原因は次の場合が考えられます。1、他人から反感をうける内容を投稿した2、相手の反応を楽しんでいる3、関係のない言いがかりをして、投稿をやめさようとしている1は投稿した人の不注意なので今後気をつければ誹謗中傷をされなくなります。しかし、2と3は投稿者に関係がない為に気をつけようがありません。しかし、対応方法がない訳でありません。具体的な誹謗中傷対策の方法は後述します。SNSや掲示板に投稿する機会が多い方は頭に入れておかなければならないことがあります。誹謗中傷はされるものであるということです。十人十色なので考え方の違いから発生してしまうのです。

反応を楽しんでいる場合の対処法

相手が過剰に反応することを楽しんでいる人への最も確実な誹謗中傷対策は、「無視をして、反応しない」ことです。慌てる姿を見て楽しんでいるのですから、反応しないことが最も効果的です。また、正義感が強いからといって誹謗中傷する投稿をした人を注意したり、投稿理由を聞くことは絶対にしてはいけません。反応することを楽しんでいるのですから、逆に喜ばせるだけです。それでも、無視するのは良くないと考える人もいるでしょう。同じことを仕返す方法が効果的です。目には目を歯に歯をという対策です。やれたらやり返すのです。誹謗中傷をする人は自分がするのは良いが、されるのは極端にいやがる性質を持っています。相手が嫌がることをすることで減る可能性があります。しかし、後者を選択する場合は泥沼に発展するリスクがあることを理解しておいてください。

言いがかりをつけられた場合の対処法

関係のない言いがかりをつけて混乱させて、SNSや掲示板への投稿をやめさせようとする人もいます。最も効果的な方法は「貴重なご意見ありがとうございます」などと相手の意見として受け入れるが、投稿をやめませんよというメッセージを含むことができます。誹謗中傷をする目的で投稿した人は拍子抜けします。誹謗中傷対策としては慌てない、騒がない、混乱しないことが最も重要なことです。自分の信念を貫こうとしている人に対して、手出しをしても面白くありません。誹謗中傷をする人に面白くないやつとどれだけ思わせられるかが重要になります。誹謗中傷をされて悩んでいる人も多いと思います。悩んでいたら相手の思う壺です。悩まずにたちむって行く勇気が必要です。どうしようもない場合には相談をすると良いです。ひとりで悩まないで相談することで解決できる場合があります。

誹謗中傷対策取引2200以上、年間対策サイト29400以上の実績。 ネガティブサイトを見せないようにしたい、逆SEO対策が必要なお客様へ。 学校の裏サイトなど、学校も風評被害の対策は必要です。 著作権の侵害や名誉毀損の予防に、WEB上で被害を受ける前に。 被害を被っていないか定期的に監視する風評監視サービスがございます。 インターネットでの誹謗中傷からサイトを守りたい方へ。